全痴全悩な暮らし

140文字じゃ足りないときに使います。高浪ミヅナ (Mizna Takanami) Twitter → @P_jrock

2018マイブーム 1月号

f:id:pj69:20180212190538p:image

 

 軽率にマイブームな音楽を紹介してしまうブログ、1月号。
 マイブームの基準はゆるゆる。
 今月からですけど。毎月したいよな、ライフログとして。今月は10組でした。
 書き方は、バンド名 - 曲名 です。

 

 

め組 - ぼくらの匙加減


 曲が良いのはもちろんなんですけど、言葉のチョイスがほんと好き。め組の曲には謎の信頼感があります。
 "わざと塩と砂糖を間違えてみたり"って歌詞がなんか好き。
 聴いてて耳が気持ち良い、イントロの不思議なサウンドがクセになる。なんだか、風を感じる。
 あと、『僕だってちゃんとしたかった人達へ』っていうアルバムタイトル最高すぎません? 好き。


ハンブレッダーズ - DAY DREAM BEAT


 個人的超パワープッシュ、『ネバーエンディング思春期』、ハンブレッダーズ、絶対ブレイクすると思う、聴いて。
 歌詞が最高すぎて語彙が死にます。「これ、自分のこと歌ってるだろ」って思ってたら、サビで "自分の歌だとハッキリわかったんだ" って歌詞が来て完全に心が掴まれました。
 この曲が収録されてる『純異性交遊』も、紛うことなき青春で最高でした。
 3曲目「常識の範疇」好きすぎる。
 "くだらない日々に乾杯 まともに生きるなんて論外" 最高……。

 

 

ロマネ - voyager


 かっこいいバンドを見つけてしまった、一耳惚れしました。
『京都のノスタルジック・ユース 初期衝動型ロックバンド「ロマネ」』
 めちゃかっこいのでもっと知名度上がって欲しい。
 ここがこうだからかっこいいんだって説明できないけど、すごく来るものがあります。

 

 

ミツメ - エスパー


 全てが耳に心地よい。最初から最後までどのサウンドも丁度気持ち良いツボを突いて来るんですよね。
 Aメロの不協和音の違和感が何故か気持ち良い……。何度もリピート再生で繰り返してまう、心地よい不協和音は本当に綺麗。
 ミュージックビデオの風景も曲と合ってて素敵。

 

 

SAKANAMON - テヲフル


 SAKANAMONやっぱり好きだ、と思った曲。ラブソングを作ろう……。涙腺に来る。
 てか最新アルバム『・・・』が良すぎたのでそっちを紹介させて。全曲当たり曲で個人的にめちゃくちゃ良いアルバム。いやほんと、一曲目から最後の曲までずっと心震えまくりでした。
 特に好きなのは「SYULOVER」「テヲフル(・・・MIX)」「反照」「ケーキ売りの女の子」「DAPPI」。
 てか、アルバムのダイジェスト置いとこう。
https://youtu.be/lcZ44Yg2Up0
(本当は「DAPPI」のMVを載せたかった。)


ヤバイTシャツ屋さん - サークルバンドに光を

 一応アルバムトレーラーを。

【歌詞】http://j-lyric.net/artist/a05beeb/l0445f0.html
 こういう曲に弱い。エモすぎる。
 ヤバTの比較的真面目な曲、大好きなんですよね。これ聞くまでヤバTで一番好きな曲は「反吐出る」でしたし。
 これ聞くと『出れんの!?サマソニ!?』のとき思い出すんですよね。
「出れサマ ヤバT」でググると、そのときの熱が伝わる、かもしれない。
 一気に有名になってメジャー行ったと思ったんですけど、もう3年前なんですね。時間が経つのが早すぎる。もっとゆっくりでいいのに。もっと。
 初めてライブハウスに行ったのはヤバTを見るためです。2015年12月5日、栄R.A.D、過去最高のイベントだったな、とよく思い出します。
『Galaxy of the Tank-top』は「ドローン買ったのに」と「ベストジーニスト賞」と「サークルバンドに光を」が好きです。


Compact Club - Look Pale


 タイムラインで見かけて聴いてみたらハマりました。海外のバンドかと思ったら東京のバンドだった。
 なんとなく、こういう曲は日本よりも海外の人の方が好きな人多そうですよね。何気にこういう感じの曲にハマったの初めてかもしれない……?
 何はともあれ、うまく説明できないので聴いてください。

 

 

パノラマパナマタウン - フカンショウ


 こちらも2015年の初めてのライブハウスで見たバンドです。ライブもめちゃくちゃかっこいいんです。
 この曲、歌詞が思った以上に尖ってて痺れた。ほっといてくれ!!
 "塾に行けとか恋をしろとか 真面目がいいとかよく遊べ 知らねえよ! " って歌詞がグッと来た。

 二番のサビ後の間奏に入る直前のところがものすごく好きです。ギターだけのところ。かっこいいなあ。
 アニメのタイアップとかしてましたし、多分ここからどんどんでかくなりますよ、パノラマパナマタウン

 

 

ネクライトーキー - だけじゃないBABY


 大阪、四人組、女性ボーカル、去年結成のバンド。すごくポップで好き。
 これ聴いてるときの多幸感はもうものすごいのです。
 "妄想の中じゃ負けがない それじゃどこまででも置いてかれるぞ" って歌詞にはっとさせられたり、されなかったりしてるけど、聴いてるだけで幸せ。ラスサビのテンポが2分の1になるところも好き。

 

 

藍坊主 - 嘘みたいな奇跡を


 このバンド今まで知らなくて、聴くの初めてだったんですけど、一瞬で心奪われました。
 最初から最後まで全てのメロディが美しくてもうめちゃくちゃグッと来ました。いや、サビなんて、これはエモすぎる。エモいしか言えない。自分の語彙力が終わってる。
 ラスサビのコーラスが胸を締め付けるし、ラスサビの終わり方もくるものがある。
 もっとちゃんとうまく言いたいけど結局言えない、エモいしか言えない。

 

 


 来月も多分やります。三日坊主だから、やるって書かないとやらなさそうだし。やるって書いとく。以上、おしまい。

宇宙 on the 椅子

 f:id:pj69:20171028100119j:image

 

自称最底辺からこんばんは、もしくはこんにちは。

 

入学試験まで1週間ちょいだと言うのに、ブログ熱が再燃しています。

突然、どうでもいいことを適当に書き散らかしたくなったので、乱雑な文をぽちぽち打ち込んでいるわけです。

 

一応受験生の端くれなので、一つの段落には伝えたいことは一つしか入れてはいけないというルールは知っていますが、実際に文章を書いてみると、内容が飛びに飛んでもはや収集がつかなくなりますね。

文章が書ける人をとても尊敬しています。

 

文章でさえ内容が飛び飛びになってしまうと言うのに、面接できちんとまとまった話なんてできませんよね。

面接練習では、話すのが長すぎる、話すのが早い、内容が伝わってこない、表情が硬い、目をキョロキョロしすぎ、熱くなると声が突然大きくなって怖い、など多くの改善点を教えていただいたわけです。

唯一褒められた点は、使う言葉が綺麗、という点だけでした。

嬉しかったんですが、"使う言葉が綺麗 #とは" みたいな気分にはなりました。

まあ嬉しいんですけど。

 

そういえば、面接練習をしている際に、不思議な感覚に陥りました。

椅子に座っているんですが、まるで空中に浮いているような気分になったのです。

あと、椅子と自分が同化して、地面に座っているような感覚にも陥りました。

なんだか、ふわふわしていました。

うまく書き表せないんですが、身体がふわふわしていたんです。

こういった症状に詳しい人がおりましたら、教えてください。

 

面接の受け答えは、相変わらずぐちゃぐちゃでした。

話したことある人はわかると思うんですけど、僕、めちゃくちゃ会話が下手なんですよね。

話したことない人は、僕をとてつもなく会話が苦手な人と認識してくれればいいです。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

このままじゃダメだってわかってるんだけどな……。

わかってる、わかってるよ、わかってんだよ。

 

‪小学生の頃は人と話すのめちゃくちゃ好きで得意だったんですが、中学に上がった途端何故か人と話すのが滅茶苦茶下手になりました。

小学生の頃は見ず知らずの人とも話せていたわけですよ。

今は無理です。

何が原因なんですかね。
‪話すこと自体は好きなので、永遠に話していたいです。
‪聞くのも好きなので、永遠に聞かせてください。

 

対等な立場でお喋りするのがとても苦手なので、常にペコペコしてます。

赤べこは可愛いけど、ペコペコする人間は可愛くない。

 

あとは、"すみません" が口癖で、自分に非がなくても何が何でも謝り続けます。

勢いのある謝罪で相手を圧倒します。

すみません、許してください。

 

最後に、僕を的確に言い表してる歌詞をひとつ。

誰より誰よりも人の目を気にしているけど
誰より誰よりも悪目立ちしてるぜ

こみゅ力 - キュウソネコカミ

そういうことです、よろしく。

 

こみゅカ

こみゅカ

 

【SLN】雨の匂いと夜明けの街

 

雨の匂いと夜明けの街 - 高浪ミヅナ

 

新曲のSLN(セルフライナーノーツ)を書きます。
センチネルリンパ節じゃなくてセルフライナーノーツ。

センチネルリンパ節が何かは全く知らないです。

 

 

タイトル

「雨の匂いと夜明けの街」

このブログのタイトルにもなってます。

 

この曲は自己紹介的な曲が欲しくて作ったのです。

ですので、タイトルには僕のよく使うことばを詰め込みました。

 

雨、夜明け、街。

 

 

曲の構成

大きく三つに分けてます。

なんとなくで名前も付けました。

 

〜1:29が "雨の匂い"

〜2:31が "夜の雨"

〜終わりが "夜明けの街"

 

構成ごとに書きたいこと書いていきます。

 

 

"雨の匂い"

なんとなく始まりがPanarormal Paranomaに似てしまったけど無意識です。

 

もともとこの部分を作っていた時に想定していたものとは全く違うものが完成しているんです。

実はこの部分は「京都」ってタイトルでずっと眠っていたのです、去年の冬くらいから。

確か京都行きたいと思ってたので、適当につけたんだと思います。

それを今になって改めて聞いてあーーめちゃくちゃいいなこれもっと作りたいなーって思った次第です。

ですので、この部分はもう既に昔の自分が作っていたものなのです。

なんだか昔の自分と一緒に一つのものを作っている感じがして不思議な気分でした。

 

あとここのドラムがかっこいいので、ぜひ聞いて欲しいです。

 

とりあえず、昔の自分グッジョブ👍🏻👍🏻👍🏻

 

 

"夜の雨"

突然ピアノを入れてみました。

なんだか雨が滴り落ちるような情景が浮かびます、僕は。

同じフレーズをタイミングをずらしてみたり、数度上にあげたフレーズを入れてみたり、楽しい✌🏻️✌🏻️✌🏻️

本当はここで雨の音とか入れたかったかも。

 

途中から自分のもう大好きなフレーズが入ってきます。

この音が結構こだわってて、若干音がポッて鳴るようにしてたり、透き通るような音にしようと試行錯誤してたりします。 

音がポッてなってるの好きです。

バンブラのサインみたいなああ言う音が好きなのです。

最終的にそれをもう少し透き通った感じにしたような音ができました。

 

その後にくるぽぽぽぽぽぽぽぽっていう音はエレクトリックマリンバとかいうぽぽぽぽ感のつよい音と、ポラライズとかいうなめらかな音を重ねてます。

素敵なツーシンセマジックです(勝手にことばを作る)。

 

パッドの余韻、そして無音へ…

 

 

"夜明けの街"

ちっちっちっちちしゃーん

 

なんとなくフィルターかけたようなギターの音が欲しくなってこうです。

ここはこの後にくるめちゃエモポイントへの渡し船的な役割です、多分。

そう、それは、まるで、夜明けの直前に空が青くなるあの時間のように……。

あの時間の切ない感じも音に載せて届いていたら嬉しいです、ほんとあの時間は胸にくる……。

 

そしてドラムの音が止んで、、、

 

まるで太陽が地平の先から顔を出したかのように響くギター、僕はこういうのが好きなんです。

あーーエモいーーこれはエモいーーって言いながら作ってました。

 

でもまだまだエモみは始まったばかりです。ほんとのエモポイントはこの後なんです。

スネアと"雨の匂い"のときのギターリフがどんどん胸を高ぶらせます……僕は聞いてて高ぶりました、テンションが上がって、ああもうこれは踊るしかないな……って感じでした。

もし僕に動画を作る技術があったら確実にこれは夜明けの綺麗な画像を何十枚もテンポに合わせて切り替えるアレやってますね……。いつか動画も作りたいですねえ。

 

そしてツーシンセマジックとピアノも混ぜてこうなんて言うんですかね、焦燥感が高まるんですよね。あの夜明けを見てるときの焦燥感。

インディゴブルーだった空の色がゆっくり東雲色へと変わっていく景色が好きです。

あとインディゴブルーってことばも東雲色ってことばもかっこいいので好きです。

 

夜明けだ……。

 

終わりは余韻を残しながら終わらせたかったんです、でもなんか物足りない感じになってしまったような…。

でもギターの歪んだ音かっこいい。

自画自賛がものすごい文章になってしまった………。

 

 

画像

f:id:pj69:20170607022447j:image

これです。

背景はこれはどっかの祭りに行った時に撮った山ですね。

それをめちゃ加工して編集してます。

夜明けの景色というわけではないです、でも綺麗だからいいのです(止まらない自画自賛)

フォントはヒラギノ明朝、LINE Cameraにあったのでそれを使ってます。

全部の文字を一気に打ち込むのでなく、一文字ずつ大きさとかを調整してるのがこだわりポイントです。

雨と街だけほんのちょっと字を太くしてたり。

やっぱ今までのように画像単体で投稿するのと、でかく文字を入れて投稿するのとでは見栄えが違いますね……。

 

締め

僕はこういうのが好きだよーっていう自己紹介的な曲でした。

もっと言いたいことが出てきたら追記するかもです。